Cerevo、 スタートアップ支援事業としてUPQ社製品の量産開発体制の提供を発表


2019年1月15日

Cerevo、 スタートアップ支援事業としてUPQ社製品の量産開発体制の提供を発表
~ 第一弾として卓上フードスモーカー「REIKUN-Dome」を開発 ~

 

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発を行う株式会社Cerevoは、スタートアップ支援事業として、株式会社UPQが今後発表する製品の量産開発体制を提供。第一弾として卓上フードスモーカー「REIKUN-Dome(読み:レイクン・ドーム)」を開発します。

Cerevoは、2018年4月より自社製品開発と合わせ「スタートアップ支援事業」を主軸事業に掲げ、培ってきた知見をもとに企画・開発面を中心にスタートアップの支援を行なっています。今回、ブランドリリース当初より技術協力・サポートなどの協力体制を築いてきたUPQ社と、新たに量産開発体制を構築。1月15日にUPQ社がクラウドファンディング開始を発表した卓上フードスモーカー「REIKUN-Dome」以降、UPQブランド製品の量産開発以降を受託、量産設計から参画し製品として必要な要件策定や、品質管理・工場管理の支援を行います。
 

UPQ社の「REIKUN-Dome」


 

■Cerevo スタートアップ支援事業について

https://cerevo.com/ja/helpinghands/
 

■UPQ社のクラウドファンディング

REIKUN-Dome(レイクン・ドーム)
https://greenfunding.jp/lab/projects/2637

 


 

株式会社Cerevoについて
Cerevoは、“コネクテッド・ハードウェアで生活をもっと便利に・豊かにする”をコーポレートスローガンに掲げ、ネット接続型家電の企画・開発 を手掛ける新しいスタイルの家電メーカーです。
これまでにデジタルカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、ライブ配信機能を搭載したスイッチャー「LiveWedge」、スポー ツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の劇中と同様の自動変形機構を備えた「DOMINATOR」などを開発・製造し、世界80カ国以上で販売しています。
 

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください
広報担当 press@cerevo.com
コーポレートWeb: https://cerevo.com/
公式Facebook: https://www.facebook.com/cerevo/
公式Twitter: https://twitter.com/cerevo/
公式Instagram: https://www.instagram.com/cerevo_global/